楽しくテニスをして12Kg痩せました!!テニスの楽しみ方と無理なくダイエットに成功した秘訣!!

季節は秋!

めっきり涼しくなってきました。今年

の夏は短かったのですが、とても蒸し

暑い日々が続いたので、待ちに待った

季節。スポーツの秋です

 

f:id:sekaidesumu:20190925155757j:plain



僕は、スキー、山登り、キャンプと若い

頃からアウトドアを楽しんできましたが、

今はテニスが大好き!

 

運動神経は悪く、決して上手ではありま

せんが、そこは好きということが上回り、

毎週末楽しんでいます。

 

テニスで僕は、楽しみながら12Kg痩せ

た実績があります。

そんなテニスの魅力ダイエットにつな

げるコツを紹介していきます。

 

今日は

テニスで痩せる!!楽しみながらダイエットを成功させる秘訣!

 

 

ダイエットに成功したのは、テニスが好きだったから

 

45歳の頃、僕は人生最大に太っていまし

た。体が重い動けない。ヤバい、何とか

しないと!! と思っていましたが、前職

は技術者で毎日仕事づけ。ヤバいと思って

いても、ダイエットをする気力がありませ

でした。

 

f:id:sekaidesumu:20190925160032j:plain

 

ある日、職場の友人と、なぜかテニスの話

になり、お互い過去にやっていた。フェデ

ラーが好きという話で盛り上がり、今度

一緒にやりますか!!という、他愛のない

茶飲み話しから、テニスを5年振りにはじ

めました。

 

f:id:sekaidesumu:20190925172148j:plain

 

その後、毎週火曜日と日曜日の2回、2人

でテニスをやりはじめ、草トーナメント

にも挑戦!!

 

ひたすら続けていると、数か月後から体重

が減り始め、1年近くなったら12Kgが自然

と痩せていました

 

f:id:sekaidesumu:20190925161529j:plain

 

僕の体は着れなくなっていた、スーツに収

まるようになり、驚いたのは首回りが3Cm

細くなっていたことです。

 

また、直近2年ほどテニスから離れており

リバウンドしていましたが、夏前からテニ

スを復活させると、またまた、自然に体重

が下がっていたので、テニスがダイエット

に繋がった体験を書くことにしました。

 

テニスを2時間やると、結果は!!

 

先般、アップルウォッチを購入したので、

テニスをしながら、万歩計機能を使って

みると、結果は2時間で2万歩!!

 

真夏の、蒸し暑いコートで2万歩走れば

自然に痩せるのも納得できます。

 

f:id:sekaidesumu:20190925162542j:plain

 

テニスのおかげで体重も落ち・体力も

復活しているので、コートで走ること

ができます。

適度に休憩を入れて、倒れないように

心がけてもいますが。

 

無心になって、楽しくテニスをやれる

環境作りをすることがテニスを長く

やり続け、ダイエットにつなげるコツ

です。

 

そこで、どうしたらテニスを始めて

環境造りができるかを、説明して

いきます。

 

テニスの魅力①:こんなに、お金のかからないスポーツです。

 

テニスコート代!!

 

テニスは優雅なスポーツで、お金がかか

る?そんなイメージありませんか??

 

“ エースをねらえ”の、お蝶婦人の印象が

あったので、僕もそう感じていたのです

が、実は、すっごく安くできるスポーツ

なんです。

 

f:id:sekaidesumu:20190925162833j:plain

 

テニスコートは、県や市町村が運営してい

る場合、地域にもよりますが使用料は

2時間・300円~700円で借りれます。

 

テニスはたくさんの仲間とやることが多

く、4人以上集まれば、100円以下

コートが使えます。

 

ボールも、ダンロップ St,JAMES 4個が

実売価格で600円程度。4人で割れば、

150円!!

 

f:id:sekaidesumu:20190925163045j:plain

 

新品のボールを使っても、250円でプレー

ができるスポーツなんです。

 

安くないですか???

 

テニスグッズを安くする購入する方法

 

確かに、ラケット・シューズ・ウェア―

・ラケットバック・タオル・その他 小物

テニスをやるためには道具が必要です。

 

例えば、ラケットはNEWモデルを購入

すれば、3万円/本はするでしょう。

ガットも貼れば、プラス5千円!!

 

f:id:sekaidesumu:20190925163432j:plain


 

そこで、グッズを安く購入する方法

ご紹介します。

 

僕は、ラケットとテニスバックとも

ロジャーフェデラーモデルを使って

います。草トーナメントに出ていた

ので、ラケットは2本同じのを持って

います。

 

それでも、ラケット2本にガットを張

ってバックと合わせ3万円弱で購入し

ました。新品NEWラケット1本とほぼ

同額です。

 

《 グッズを安く購入する方法 》

 

①型落ちを狙う

 

前年以上前の、型式を購入すれば半額以下

で買えます。Wilsonでも、Babolatでも

人気モデルがチョイスでき、新品を使い

たい人にはおすすめです。

 

②オークションサイトで購入

f:id:sekaidesumu:20190925164222j:plain

僕は、フェデラーモデルを安く購入した

かったのでヤオフクで購入しました。テ

ニス好きの上級者は、NEWモデルを購入

し自分のプレーに合わなかったり、飽き

ると次のモデルを購入する傾向にあり

ます。発売後、半年もすればオークション

サイトで売りに出されています。これを

狙います。

上級者は、ラケットも大切に扱うので

程度も良いのです!!!

 

③海外のテニスグッズ通販サイトで購入

f:id:sekaidesumu:20190925164831j:plain

割引は少ないのですが、日本で購入するよ

り1割くらい安くなる可能性があります。

日本未発売のモデルが購入でき、誰も

持っていない優越感を感じることもでき

ます。でも、輸送費がかかるので大量に

購入するか、友人とシェアしないとメリ

ットがないことがあります。

注文の際、必要な英語は決まってくるの

で難しくはありません。

 

テニスの魅力②:テニスは難しくないし、一生続けられるスポーツ

 

あんなに小さなラケットにボールが当たる

のか? 走り回って、体力が持たない。そう

感じさせるスポーツですが、僕の所属して

いるテニスサークルでは、70歳の高齢の方

も一緒に楽しんでいます。かなり、お上手

で僕は試合をすると、よく負けます。

 

球技の苦手な僕でも、慣れればできるよう

になりました。上手になるコツは力を抜く

ことと、ボールをよく見て、打つ瞬間まで

ラケットに当たる瞬間までボールを見続

けることの2つだけです。

 

f:id:sekaidesumu:20190925165434j:plain

 

特に、力を抜くという意味ですが、ラケッ

トを握らない、スウィングするとラケット

が飛んでいってしまいそうになる感覚

す。ボールとのインパクトの瞬間だけ、

握りしめる。僕も、何年も続けてやっと

できるようになってきましたが、ラケッ

トがムチのように動きスウィングスピー

ドをあげたり、ボールに重さを伝える

ための必須事項です。

 

これができるようになると、一段と上達

し始めます。

 

f:id:sekaidesumu:20190925165734j:plain

 

初級者の頃は、テニススクールに通う

ことをおすすめします。我流で覚える

と、後々フォームの修正や・上達しな

い為楽しくないと感じ、やめるキッカ

ケになる可能性があるからです。

 

テニススクールの選び方

 

テニススクールは民間と、ほぼボランティ

アの団体が運営してる2種類があります。

 

f:id:sekaidesumu:20190925170052j:plain

 

民間のテニススクールの特徴

 

施設が充実しています。テニスコート

室内が多く、雨でもレッスンが受けれて

冷暖房を完備。1年中気持ちよく、レッ

スンが受けれます

f:id:sekaidesumu:20190925172749j:plain

コーチの在籍数も多く、人気コーチの

レッスンには入れないことも。

小人数15名以下くらいが枠なので、

ゆったりとレッスンが受講できます。

レッスン代は、月4回で、12,000円~

15,000円くらいです。

 

 ほぼ、ボランティアのテニススクールの特徴

 

よくあるのが、公営テニスコートの事務所

に募集の掲示されていたり、大学のコート

を開放して、大学主催で運営されていま

す。

f:id:sekaidesumu:20190925170308j:plain

 

テニスコートは、ほとんど室外で、雨の

日は、延期になります。

コーチは専属の方数名で運営されており、

元テニススクールのコーチ経験者や、テニ

スのトーナメントに出るのが好きな上級者

がボランティアで教えてくれます。

 

生徒は多いと30名近くいると感じたことも

ありました。子供から大人まで、幅広い層

がレッスンメートになります。

 

レッスン代は、1レッスン 1,000円

~2,000円程度。この額なら、もし

レッスンに参加できなくとも後悔

しなくて良いでしょう。

 

テニススクールを選ぶコツ

 

基本テニススクールは、教えてくれますが

上達はさせてくれません。考えれば分かる

事なのですが、みんな上達してしまうと

生徒が辞めてしまい、商売あがったりにな

るからです。コーチは全員に共通する指導

をします。コーチが玉だししてくれるの

で、自分でフォームを固めることで、自分

で成長していくのです。

 

教えてくれたり、レッスンする内容はどち

らとも大きく変わりません。

 

初級者の方には、コーチがかなり親切に

教えてくれるので、民営のテニススク

ールの方が、向いているかもしれません。

 

中級者以上は、皆さんの好みで良いと

思います。

 

テニスサークルに参加しよう

 

テニスをやるには、一緒に楽しむ仲間が

必要です。そのために、テニスサークルに

登録することをおすすめします。

 

f:id:sekaidesumu:20190925171428j:plain

 

なぜなら、テニスサークルに登録すると

コートが確保され、仲間もできるから

です。市町村のスポーツ施設に登録し、

カード発行が終わるとテニスコート

抽選に参加できます。

でも、一人のパワーでは予約には限界が

あります。

 

コートのキャンセル待ちもめんどくさい

です。

 

サークルに入るのは、抵抗があるかもしれ

ませんが絶対入った方が楽だし、楽しい

です。

 

《サークルを調べる方法》

 

1)テニスの総合サイト、テニス365

 活用する。

2)各市町村のテニス協会のホームページ

 を確認する。

という、2つのステップがおすすめです。
 

サークルは各地にあり、テニス365で調べ

ると、サークルのレベル・男女や年齢構成

・活動場所などが分かります。

 

また、テニス協会にそのサークルが登録

していれば、市町村からコートが優先で

確保できていたり、対抗戦に出れる等の

メリットがあります。

 

恥ずかしがらず、一歩踏み出してみまし

ょう。

 

草トーナメント(草トー)の魅力

 

各地域のテニス協会・テニススクールは、

テニスの活性化のためにプロではない

僕らのために、草トーナメントを開催して

います。略して、草トーといいます。

 

f:id:sekaidesumu:20190925170649j:plain

 

参加費は、1,500円~5,000円を超えるこ

ともあります。

 

テニスへの情熱、上手くなりたいという

モチベーションを維持するために、草トー

に挑戦することもおすすめです。

 

いくら趣味でやっていても、試合にでると

決めたら 負けたくない!!

 

テニスに情熱を感じることができ、長続き

できるようになります。

 

僕は、市のビギナーズ大会でダブルスです

が優勝することができました。3年かかり

ました(笑)。

 

タイに移住したらテニスはできるの?

 

僕にとっては、このテーマは重要です。

移住しても、楽しみが無ければかなり

退屈した生活になるでしょう。

 

f:id:sekaidesumu:20190925170815j:plain

 

タイでは日本ほど、テニスは盛んでは

ありませんが、テニススクールもサー

クルもあります。

タイもそうですが、日本人の移住が

多いアジア各国では、日本人会という

組織が存在します。この会は、日本人の

友好関係を作るため、テニスサークルを

主催しています。

 

そのサークルに登録すれば、日本人の

友好関係が築け、安価にテニスを楽しむ

事ができます。

 

おわりに

 

錦織圭 “や“ 大坂なおみ ”が活躍し、日本

でテニス熱が再燃しています。

テニスを自分でやるのは嫌だけど、テレビ

で観戦するのは好きという方も多いで

しょう。

 

大人になってから、スポーツをしようと

いうのは、気持ちの面・体力の面でも

ハードルが高いと思います。

 

でも、テニスは意外とハードルが高く

ないスポーツなんです。

 

f:id:sekaidesumu:20190925171724j:plain

 

ダイエットしたいなら、テニスはおすす

めします。楽しみながら、自分が気づか

ない間に体重が落ちている。

 

僕はテニスのおかげで、体調も良くなり

食欲も旺盛なので、食欲の秋を楽しんで

います。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。