ページ コンテンツ

月10万円で自由に暮らす。海外移住という選択

住みにくい日本での生活に飽きた方と海外移住を目指し、ノウハウと知識、移住までの道のりを共有します。

パンダに会いに行きませんか?? シンガポール リバーサファリの楽しみ方を紹介します

先月、シンガポールへ出張に行った際

自由時間があったので、

シンガポール ZOOへ出かけました

 

f:id:sekaidesumu:20190808122026j:plain

 

滞在時間(概ね3時間)と

限られていたこともあり、

ZOOに隣接する第3のテーマパーク

リバーサファリ

を楽しむことに

 

こんにちは、SEKAIDESUMU

(世界で住む)です

 

f:id:sekaidesumu:20190805200416j:plain

 

今日は

シンガポール リバーサファリの楽しみ方です

シンガポール ZOO 併設)

 

 

どうして、リバーサファリに行くことになったか?

 

この日は、僕ら3人

遅い昼食を終え 午後の自由時間、

なにしようかと話をしていました

 

僕 以外は、シンガポールは何回も来ており

観光スポットは、行き倒している感じ

 

それでも、2人は好意で

僕に付き合ってくれ、絶対

行っておいた方が良いという

シンガポール ZOO を目指し

3人で向かいました

 

着いたのは、

午後3時 閉園まで3時間足らず

 

f:id:sekaidesumu:20190805181910j:plain

 

無計画で、唐突に行動している僕らは

ZOOに入るか、ナイトサファリまで

待つかと選択を迫られました

 

僕は

夜はカジノだと心が高ぶって

いたので、ナイトサファリの提案は 却下

 

そんな時、パークの中でも最も狭い、

リバーサファリが良いのでは??

という案が浮上!!

 

① 3時間の滞在時間で、

   ほぼ全てが楽しめる

② リバーサファリなのに、

  パンダが見れる!!

 

という単純な理由で、入園することに

 

この選択は、とっても満足のいく

結果になりました

 

出迎えてくれたのは、動物たち

 

タクシーでシンガポール ZOOに着くと

正面玄関前に、人だかりが

 

近づいてみると、ぬいぐるみショーを

やっていました

 

f:id:sekaidesumu:20190805181330j:plain

 

派手さはありませんが、愛嬌のある

踊りに、子供たちが大喜び!!

 

園に入る前からサービス精神 凄いなと感じ

 

暑いから熱中症にならないでね! と

心の中で応援していました

 

入園に至るまで

 

場所はここです

f:id:sekaidesumu:20190805202833j:plain

 

入場料は、

大人   34$

子供(3-12歳)23$

 

後で、ネット調べると WEB上での

事前予約だと5% OFFでチケット購入

できることが分かりました

 

 boyagin のサイトが一番 安いみたいです

 

皆さんは、無計画でなく

予約をして行ってくださいね!!

お得ですから(笑)

 

エントランスはこんな感じです

f:id:sekaidesumu:20190805200649j:plain

 

とにかく、僕らの目的はパンダを見たい

( 実は、僕は初めての体験です)

 

f:id:sekaidesumu:20190805203143j:plain


サファリ 一番奥の パンダゾーンを
ひたすら目指すと、心に決め出発!!

 

寄り道するのが楽しいサファリ

 

サファリに入って、まず

目に飛び込んできたのが

アフリカン オイル パームです

 

f:id:sekaidesumu:20190805203801j:plain

 

写真では分かりにくいのですが

上から見下ろすと、

かなり デカいので驚愕します

 

f:id:sekaidesumu:20190805203916j:plain

 

なんて一本の大木に感動してスタートです

 

ジュゴンとの出会い

 

かなり飼育員の方に、べったりでした

おかげで、まじかに見れます

 

f:id:sekaidesumu:20190805204306j:plain

 

ジュゴンの水槽は、いろんな角度から

見ることができます

 

f:id:sekaidesumu:20190805204442j:plain

 

下から見ると、かなり

幻想的な雰囲気に変わります

 

流石に、人魚に見間違われた

と聞く話が、嘘じゃないかもと

思えます

 

f:id:sekaidesumu:20190805204658j:plain

 

タイミングが合えば、こんな近くに

来てくれます

 

ラッコちゃん 登場

 

f:id:sekaidesumu:20190805205002j:plain

 

この写真映り 悪いね!!! 

と思ってしまう ラッコ ちゃん

 

実物は、やっぱかわいい!!

 

f:id:sekaidesumu:20190805204822j:plain

 

写真には撮れませんでしたが

水辺で寝転んで 

貝をお腹で割るシーンも見れました!!

 

水の中の、ラッコ君が見れるのも

珍しくないですか? 

この魚は何でしょう??

突然ですが、この魚は何でしょう?

 

f:id:sekaidesumu:20190805205412j:plain

 

僕は、新種のウツボか??

なんて、思いましたが

 淡水には住んでいないしな??

 

f:id:sekaidesumu:20190805205214j:plain

 

答えは、

かなり大きい、電気ウナギでした

 

ここで ちょっとした、うんちく

電気ウナギは、成長すると 2メートル

ほどにもなる、ナマズの種に近い魚です

 

体中に、蓄電できる細胞を持っているため

最大、600V 程度の電気を発し

敵をしびれさせれるんですって

 

結構、怖い生き物だったんですね!!

  

リスザル君と会うには

 

リバーサファリでの

隠れた収穫はこのゾーン!!

 

f:id:sekaidesumu:20190805205629j:plain

 

こんなかわいい リスザル君に

一目会いたいと、飛び込むことに

 

このゾーンは、金網ゾーン

(僕が勝手に命名)の中で

小動物に触れあえます

 

f:id:sekaidesumu:20190806154440j:plain

入り口は、こんな感じ

かなりラフな造りです

 

すると、

数秒で いきなり動物発見!!

 

カピパラか??

 

f:id:sekaidesumu:20190806154612j:plain

 

僕は、こんな感じの小動物は

カピパラしか知らないので

いまだに、カピパラだと

思い込んでいます

もしかしたら、ウォンバットかも

とは思いながら!!

 

どなたか、知っている方がみえたら

正式名称 教えてください(笑)

 

f:id:sekaidesumu:20190806154722j:plain

 

何匹も発見できます!!

 

f:id:sekaidesumu:20190806155125j:plain

 

歩道にも、我が物 顔で出てきます

人を恐れません

 

そして、リスザル君 発見!!

やっぱ、可愛い!

f:id:sekaidesumu:20190806154833j:plain

 

簡単に写真が撮れてるように

見えるかもしれませんが!!

 

リスザル君は、結構 すばしっこい

動きまわります!

行動を、先読みしないと

すぐに、見失ってしまいます

 

f:id:sekaidesumu:20190806155006j:plain

こんなんも、いました!!

なんていう、サルなんだろ??

未だに、疑問

 

何歩か歩くと、またまた リスザル君 発見

 

f:id:sekaidesumu:20190806155259j:plain

 

ホントに、すばしっこいので

写真も何枚かブレてました

 

f:id:sekaidesumu:20190806155431j:plain

 

幸運にも、手すりに 寄ってきてくれ

ベスト ショット です!!

 

このゾーンは 結局 30分以上も

楽しんでしまいました(笑)

 

金網ゾーンを出たあとに、

 

f:id:sekaidesumu:20190806160324j:plain

 

エンペラー タマリンもいたようでしたが

展示スペースの どこにいるのか

分からず断念

 

なかなか、珍しいサルのようなのですが

 

展示スペースが広いので

発見するのも一苦労です

 

自由な空間がリラックスできます 

 

リスザル君と楽しんだ後に、

ちょっとした、フリースペースが

 

f:id:sekaidesumu:20190806160026j:plain

 

お疲れの おかーさんが

子供を抱えながら、地べたに座って

くつろぐ シーンだったり

 

f:id:sekaidesumu:20190806160148j:plain

 

回廊風の ウッドを敷き詰めた

通路では、子供たちが 元気に

走りまわり、戯れていたり

 

通路もかなり、広いので 

まったく気になりません

 

日本のパークではあまりない

光景ですよね!!

 

f:id:sekaidesumu:20190806160418j:plain

 

とにかく、リバー サファリは

自然の地形をうまく使っています

 

川沿いに、展示施設がつくられており

ウッドで作られた回廊調の通路は

全ヶ所、屋根付き!!

 

日差しが強くても、川沿いなので

そこそこ、気持ち良い風が吹いてきます

  

f:id:sekaidesumu:20190806160642j:plain

 

対岸に渡る時も、屋根付きの通路でした

 

そろそろ、リバーサファリの

最奥に入ってきたなと感じていると

 

通路の天井に

 

f:id:sekaidesumu:20190806160810j:plain


イカイ & ジャージャー に

“ ハローと言おう ” という看板 発見

 

やっと、パンダゾーンまで

歩いてきました

 

パンダゾーンはやっぱり楽しかった !

 

ゾーンに入って、最初に目に映るのが

パンダをモチーフにしたレストラン

 

f:id:sekaidesumu:20190806160936j:plain

 

中をのぞくと、パンダの写真が満載!

メニューは、中華です!!

 

お腹もすいてないので、今回はスルー

値段は、お高めでした

サファリ価格ですから(笑)

 

f:id:sekaidesumu:20190806161054j:plain

 

レストランの目の前に、

2匹のパンダのオブジェを発見

 

ここで、写真をとるのが定番です

数分のうちに、何組も写真を

撮っていきました

 

パンダは 一番の目玉のようで

綺麗で 立派な建屋で飼育されていました

 

f:id:sekaidesumu:20190806162228j:plain


宣伝もばっちりで雰囲気も最高!

 

f:id:sekaidesumu:20190806161219j:plain

 

まずは、

ジャー ジャーとご対面と

期待をしましたが

 

展示スペースを見渡しても、姿形が

見当たりません

 

今日は、見れないのか!!

と思いつつ、渡り廊下を歩き進みます

 

f:id:sekaidesumu:20190806161337j:plain

 

このサファリは、解説板が

分かりやすいのも特徴の1つです

 

パンダ は、笹を20Kg/日 食べるんだ

って、分かります

 

笹だけですが、半端なく食べるので

大きな体になるんですね

  

f:id:sekaidesumu:20190806162335j:plain

 

カイ カイ のエリアに到着

 

憧れの パンダ カイカイ君と

対面することができました!!

 

f:id:sekaidesumu:20190806161456j:plain

 

イカイ君は、笹にご執着でした

 

f:id:sekaidesumu:20190806161608j:plain

 

この笹、細いけど 美味しいのさ

なんて、食べてるのか?

と思いつつ!!

 

f:id:sekaidesumu:20190806161720j:plain

 

しばらく、見てると

ノサ ノサ と歩き出しました!!

 

f:id:sekaidesumu:20190806161825j:plain

 

そして、また 笹に ありつく(笑)

 

f:id:sekaidesumu:20190806161959j:plain

 

パンダの展示は、ロフトから見れます

 

写真を見て、お分かりになるように

お客様が、ほとんどいないんです

 

平日、PM 5時半という時間帯の

せいかもしれませんが

 

 30分以上の時間をかけて

 ゆったりとパンダが見れる幸せ

このサファリでは体験できます

 

凄く混みあって、歩きながら見学する

日本とは、大違いですね(驚)

 

レッサーパンダ君もいました!

 

パンダ ゾーンには、兄弟分も

いました

 

f:id:sekaidesumu:20190806162501j:plain

 

展示スペースがとにかく広い

どこにいるのか、隅々を見渡すと

奥の方で、眠っていました

 

f:id:sekaidesumu:20190806162606j:plain

 

すいません ブレてます(笑)

 

最後に、カイカイ君を見に行くと

無心に、大な笹を抱えて

食べていました

 

f:id:sekaidesumu:20190806162706j:plain

 

イカイ君に、お別れをつげた

帰り道に、解説板に気づきました

 

パンダが育つ過程です!!

 

f:id:sekaidesumu:20190806162810j:plain

 

不在と思っていた
ジャー ジャー 君は、施設中にいたようで

 

f:id:sekaidesumu:20190806162919j:plain

 

VTRで姿が映っていました

 

リバーサファリ クルーズ

 

時間も 6時前で閉園ギリギリ

急いで リバー サファリ クルーズに

向かいました

 

f:id:sekaidesumu:20190806163211j:plain

 

人気のない通路を小走りぎみに

 

日は傾いてきており

涼しい風が 吹いてきます

 

f:id:sekaidesumu:20190806163329j:plain

 

船が近づいてきました

乗車している、お客さんは

気軽に手を振ってきます

 

f:id:sekaidesumu:20190806163545j:plain

 

ボートは、両側 オープンになった

風通しの良い造りで

 

料金は、入場料の中に入っています

 

f:id:sekaidesumu:20190806163741j:plain

 

ボートの、運転席には

やる気のなさそうな若い女性が

彼女が運転手か??

 

と思っていたら、案内係の方でした

 

今から船が出ます

と一言だけ、マイクで話すと

下船していきました(笑)

 

f:id:sekaidesumu:20190806163843j:plain

 

出航して、3~4分後!

 

カバの放牧場によってくれます

 

ちなみに

船の、左サイドに座っていないと

見れません


これが、唯一の見せ場です

 

f:id:sekaidesumu:20190806160509j:plain

 

後は 川の中を 船が10分くらい

回遊するといった感じです

 

正直、ちょっと 期待 外れです

 

リバーサファリ内は、

広くて・疲れますので

ちょっと、一休みには良いですね!!

 

時間があれば、リバークエストがお勧めらしい

 

別料金になりますが

こんな、クルーズができます

 

f:id:sekaidesumu:20190807183608j:plain

 

面白そうなので、

今回 乗れなかったのが残念です!!

 

おわりに

 

無計画で リバーサファリに入りましたが

3時間という滞在時間は

あっと いう間に過ぎてしまいました

 

f:id:sekaidesumu:20190806164217j:plain

 

ガラス越しに、ワニと戯れてみまししたが

もっと、大量のワニが飼育されていたり

 

f:id:sekaidesumu:20190806164538j:plain

f:id:sekaidesumu:20190806164658j:plain

 

壁一面が水槽であったり、

天井の一面が水槽など

幻想的で、美しい 場面を もっと

ゆっくり見たかったなと思います

 

f:id:sekaidesumu:20190806165054j:plain


パンダであったり、ワニであったり と

モニュメントも展示されており

思い出の 1ショットを撮れる工夫も

数多くあります

 

f:id:sekaidesumu:20190806165304j:plain

 

僕は、写真の展示でしたが

このショットを最後に見れたことが

思い出に強く残っています

 

自然ってすごいなと感じました!!

 

シンガポールの旅を満喫する

プランの一つとしてお勧めです

 

 

最後まで、読んでいただきまして

ありがとうございました