ページ コンテンツ

月10万円で自由に暮らす。海外移住という選択

住みにくい日本での生活に飽きた方と海外移住を目指し、ノウハウと知識、移住までの道のりを共有します。

都会の真ん中でキャンプ暮らし! 羽毛 寝袋の利点と活用法を紹介します!!

東京のど真ん中で

キャンプ ライフをしています

 

寝袋ってこんな便利で、

ありがたいものだと

いうことを実感しています

 

f:id:sekaidesumu:20190730163637j:plain

 

最近、

アパートと会社で泊まっているため

寝具が、2セット必要になりました

 

そこで、以前から持っていた

羽毛 寝袋を会社での就寝時に

使っているのですが

 

これが、羽毛 だけあって

気持ちが良い 

 

こんにちは、SEKAIDESUMU

(世界で住む)です

 

今日は

羽毛 寝袋で生活をする利点を紹介します

 

 

どうして、羽毛 寝袋で就寝することになったか?

 

僕は、現在 東京のとある会社を

手伝っています

 

とはいっても、

経営難なので

給料はもらえていません

 

事業の将来性や、社長の人柄で

お手伝いをしています

 

交通費、活動費、含めて 実費なので

経費削減をするのが必須の状態

 

そこで、少しでも経費削減

交通費 を減らすため

平日は、会社に泊まり込みしています

 

幸い、マンションタイプの

オフィス事務所なので

お風呂もついてる高条件

 

f:id:sekaidesumu:20190730155135j:plain

こんな感じです

 

寝具さえあれば生活に支障はないのです

 

しかし、狭いオフィスなので

ベットも布団もまともに置けない

そこで、東京のど真ん中で

キャンプ ライフをすることに!!!

 

東京 キャンプライフの実態

 

ホントに、床で寝ています(笑)

マットを引いて、寝袋が掛け布団!!

 

f:id:sekaidesumu:20190617111810j:plain

 

最初は、床が硬いな

と思ってましたが

 

キャンプ場のように

石が 転がっているわけではなく、

ゴツゴツ感がない! 痛くない!

背中に感じる違和感も慣れれば平気!!

 

f:id:sekaidesumu:20190617113210j:plain

※ キャンプ場の地面(例)

    ちょっと、ゴツゴツしすぎですね

 これでは、寝れないか!

 

縄文時代の人々は洞穴で生活をしており

地面に直接 寝ていたわけで!

その頃は、さぞ 寝苦しかったんだろうな?

なんて、想像しながら 就寝を楽しんでます

 

そう考えれば、結構 快適に過ごしてます

 

羽毛 寝袋の所持をお勧めする理由

 

東京 キャンプライフを体験している中で

羽毛 寝袋のメリットが分かってきました

 

1.携帯性が良い

 とにかく、コンパクト!!

f:id:sekaidesumu:20190617113425j:plain

 

 カバンや、リュックに入れ

 どこにでも持ち歩けます

 

f:id:sekaidesumu:20190617113506j:plain

 

 ラッシュアワーの満員電車の中で、

 僕は、寝具を持って移動しています

 こんな人も、そうはいないでしょう

 

2.非常時に役立つ

 日本は、地震大国なので

 いつ震災が起きてもおかしく

 ないですよね?

 非常食を準備されている方は

 たくさんみえるのでは?

 忘れていけないのが、

 寝るための準備!!

 最も重要な食の次に、

 寝るための準備を整えなければ

 いけないのではないでしょうか?

 そんな時に、最強のアイテムです

 

3.長いシーズン使える

 僕の 羽毛 寝袋は、春~秋用なので

 2℃まで使えます

 真冬はさすがに、更なる掛布団が

 必要になりますが、

 春から秋の間は十分です

 

4.使えるシーンが満載

 もちろん、登山に持ってけます

 キャンプにも、そして日常の

 就寝にも適してます

 

5.干すのが楽

 日々のケアをする中で

 布団は、大きくて取り回しが

 めんどくさいですよね!!

 いくら羽毛 布団は軽いといっても

 通常の布団はデカすぎる

 でも、寝袋であればコンパクト

 楽々 運べて!!

 ベランダに干すことができるんです

 

f:id:sekaidesumu:20190730160006j:plain

 

6.耐久性が良い

 もともと、登山用に開発されているので

 使われている生地は、かなり薄め!!

 購入当初 耐久性の心配をしていましたが

 そこは、登山用!!

 10年 以上 愛用していますが

 全く、問題ありません

 

7.コストパフォーマンスが良い

 羽毛 布団は高価!!

 最近、ヤオフクで 羽毛 布団の

 落札を狙ってはいるのですが

 1円 スタートの割に

 終了 10分前には

 2万円 越しちゃった!!

 なんて商品ばかり

 ジャパネットタカタの

 1万円で、2枚セットを

 購入しようかな??

 とも思ってもいますが!!

 洗濯機で洗えるみたいだし

 

 僕の 羽毛 寝袋は

 当時、2万円くらいでした

    これだけ機能性があって

 お得に感じませんか??

 

 ここまで、お勧めの理由がありますので

 検討材料の一つに挙げてみるのは

 いかがでしょうか?

 

羽毛寝袋を買った経緯

 

30-40歳代、

僕は キャンプと山登りにハマっていました

 

キャンプ用には、

コールマンのポリエステルの寝袋を愛用

 

f:id:sekaidesumu:20190617105006j:plain

こんな感じ( 柄は違います )

※ 今はキャンプをしてないので

  絨毯の代わりに使ってます

 

基本

春から秋が キャンプのシーズンなので

寝袋もいらないくらい!!

と、感じていたので

ポリエステルの寝袋で十分と

思っていました

 

しかし、山登りを 初めて

 

自然が大好きな僕は

2回、3回 日帰り登山を経験すると

3000m級の山に登りたい

と願望がでてきました

 

となると、日帰りでは済まなくなる

 

山小屋 泊まりでも 寝具の持参を

するのが、一般的

 

山の温度は、1000mで

6.5℃ 下がります

夏でも山頂はかなり寒い!!!

 

軽量、コンパクト、耐久性、

防温機能、発汗機能 等の

要求を充たす物に

マッチしないといけません

 

必然的に、羽毛という選択肢が

登場し、購入をしたのです

 

僕の寝袋!!

 

寝袋、シュラフの専門メーカー

ISUKA の

DOWN PLUSシリーズです

 

品番は忘れました!!

多分、今でいうと

ダウンプラス タトパニ X

21000円(税抜き)

あたりのグレードだと思います

 

初夏から初秋までの中級山岳用です

重量   :750g

羽毛量:300g

 

メーカー直販で、

ネットでも購入できますが

僕は 山岳ショップに直接行って

触れて、見て 

自分で確認してから

購入することをお勧めします

 

アウトドア ショップでは、品数が

豊富ではありません

やぱり、山岳ショップをお勧めします

 

なんといっても、寝るというのは

人生の中で、最も重要な仕事ですから

 

快眠につなげる道具は

選んでほしい!!

 

意外と使える理由

 

僕の寝袋は、人型をしており

包まってねるタイプなのですが、

新しい使い方として

横のジッパーを開放すると、

サイズが倍の大きさになります

 

【 通常状態 】

f:id:sekaidesumu:20190617111810j:plain

 

【 ジッパーを開けた状態 】

f:id:sekaidesumu:20190716195317j:plain

 

つまり、一人用の寝袋が

二人分の大きさに拡大され

使うことができることも

実感しました

ちょっと狭いですが

2-3日なら大丈夫ですよ!!

 

都会でキャンプの注意点

 

今、寝具といっても ホントに

キャンプと同じ状態になってます

 

敷布団を用意してないので

ウレタンのキャンプ用マットを

使っています

 

f:id:sekaidesumu:20190716201714j:plain

ウレタンマットなので、

厚さ10mm程度で、

フンワリ感はなく

 寝心地が、良いわけではありません

 

そこで、寝かたを考えるのですが

寝返りを打った時が大変

 

横になると、体重であばらが圧迫される

少しでも、手が体に挟まると

手がもげそうな感じになる

(ちょっと、想像がつかないかも?)

などなど、熟睡するのは工夫が必要

なんです 

 

僕が半年過ごしてきた結論は、

仰向けで寝る

というシンプルなこと

寝相が悪い僕には、大変なんですが

疲れ切っていると、

結構、熟睡できます(笑)

 

おわりに

 

僕は、お金を無駄使いをすることが

良くあり、後で後悔することも

多々あったのですが

この買い物は 正解でした

 

キャンプに行かなくなってから

しばらく、押し入れにしまって

あったのですが大活躍しています

 

後々になって

買ってよかった!!

使える!! って思うものは

その道の世界で、優秀といわれていたり

定番と言われていたり

するものなんだろうな??

と実感しています

  

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました