タイへの移住 第一歩!! シーロムの街を 歩いてみた!!

土、日曜日と Silom エリアの

Narai ホテルに泊まりました

 

こんにちは SEKAIDESUMU

(世界で住む)です

今、タイに来ています

 

f:id:sekaidesumu:20190514004339j:plain

今日は

タイで楽しく暮らせそうか? のレポート 第1弾です

 

タイは、暑いです!!

34℃くらいです

(真夏は、40℃近くまでいくそうです)

 

来月、日本と同じく

レイニーシーズンに

なるみたいですが!!

 

 

為替レート

 

驚きました!!

とにかく、ひどい

 

空港の両替所で、まずは換金

 

日本円 ⇔  BATHは、3.4円くらい

のはずなんですが!

 

2、706BATH にしかならない!!

f:id:sekaidesumu:20190513151844j:image

1万円だけ、換金して

 

街の両替所を探してみました

 

一番良くて、2、865BATH

f:id:sekaidesumu:20190513151941j:image

 

タイ じたいが、ボッタくりか?

という、換金レートの悪さに

 

驚いてます!!

 

Narai ホテル

 

f:id:sekaidesumu:20190513145025j:image

 

★★★★ ホテルだけあって

結構、立派です

Silomの幹線道路の脇の立地で

 

繁華街、夜の街まで

歩いて行ける便の良さ

 

部屋は、こんな感じです

f:id:sekaidesumu:20190513145126j:image

 

トイレとお風呂は一緒ですが

バスタブがついているのが、ベターの点

f:id:sekaidesumu:20190513145212j:image

 

★★★★で、6,000円/泊は

安い!!

 

Agodaで予約しました

 

Silom という街

 

バンコクのビジネス街、の一つといわれています

f:id:sekaidesumu:20190513152641j:image

 

その一方で、街の外れは

夜の街!! 

f:id:sekaidesumu:20190513152709j:image

(カラオケ店の様子)

 

旅行者が、夜の遊びで訪れる街でもある

不思議な地域です

 

昨日の朝食

 

さすがに、ビジネス街なので

道路沿いには、小さな出店

はありますが

 

食事を食べれる露店がない

しばらく、街ブラ をして探してみると

 

ホテル から、5分 歩いた わき道に

見つけました

f:id:sekaidesumu:20190513145437j:image

こんな感じ!!

 

庶民の憩いの場、発見!!

 

お腹がすいていたので、

とにかく、腹が満たされるもの

と思い

 

エビ付き、チャーハン

f:id:sekaidesumu:20190513145504j:image

 

青菜炒めみたいなもの

f:id:sekaidesumu:20190513145524j:image

 

 美男、美女の多分 USAパーソンの

前の席で、ビールで乾杯!!

f:id:sekaidesumu:20190513145600j:image

 

さすがに、露店は 200(約600円)

TBTHと、安かった!!

 

ちょっと、贅沢な朝ごはんでした

これだけ、食べれれば十分!!

 

ところで、露店で食べて 

お腹にあたらないか??

という、疑問!!!!

 

まったく、問題なかったです

 

街並み

 

ビジネス街だけあって、ビルが多いです

 

しかし、一歩 歩けば タイ!!

 

いたるところのに、国王の写真!!

f:id:sekaidesumu:20190513145622j:image

 

そして、寺院!!

f:id:sekaidesumu:20190513145926j:image

 

そして、仏像!!

f:id:sekaidesumu:20190513145758j:image

 

 

やっぱり、軍国国家! 仏教国

なんですね!!

 

また、目立つのが、マサージ屋さん

 怪しい、呼び込みをかわしながら

歩くのが、ちょっと大変です

 

おわりに

 

とりあえず、タイの雰囲気を

味わってます

 

リタイヤの国として、ホントに

暮らしていけるか??

 

暮らさないといけないんだけど!!

 

と、

 

確認しています

だって、220万円で 

リタイヤメント VIZAが取れる国は

他にないですから!!

 

最後まで、読んでいただいて

ありがとうございました